Ольга Чигиринская (morreth) wrote,
Ольга Чигиринская
morreth

Я правильно поняла?

インターネットで検索したら次のような解釈があるのにびっくりした。「童謡「赤とんぼ」は第二次大戦での日本の敗北を歌ったものだったそうで。 曰く、『夕焼け小焼けの赤とんぼ 負われてみたのはいつの日か』赤とんぼとはゼロ戦のことであるとか。 『十五で姉やは嫁にいき お里の便りも絶え果てた』姉やは学童疎開、もしくは従軍しており、検閲のため手紙が来ないとか。」思わず吹き出してしまった。こじつけもいいところである。

Тут написано, что в годы Второй мировой песенку про стрекозу воспринимали как пророчество о поражении Японии?
Subscribe

  • Post a new comment

    Error

    Comments allowed for friends only

    Anonymous comments are disabled in this journal

    default userpic

    Your reply will be screened

    Your IP address will be recorded 

  • 2 comments